モスクについて

スポンサードリンク

エジプトは、イスラム教スンニー派が90パーセント、キリスト教コプト派が7パーセントを占めます。

エジプトにおいてイスラム教は、宗教という枠を超えて人びとの生活全体に深く根付いています。

イスラム教の礼拝堂を「モスク」といいます。

アラビア語の「マスジド」(ひざまずく場所)が語源です。

混同しがちですが、あくまで礼拝を行う場所であるため、仏像が安置されている日本の仏教寺院などと異なり、モスクのなかには崇拝の対象となるようなもの・・・神や天使、預言者などの偶像は置かれていませんし、描かれることもありません。

もっぱら幾何学模様のような装飾が描かれているだけです。

図像を廃した内装と外観は、純粋に装飾、建築の美しさから非イスラーム教徒にとっても魅力のあるものとなっています。

モスクは都市の各街区や各村に設けられています。

都市の中心には金曜礼拝を行う、「マスジド・ジャーミー(略してジャーミー)」・・・金曜モスク・・・が置かれています。

大きなモスクは複合施設(コンプレックス)となっており、マドラサと呼ばれるイスラムの学院も併設されています。

エジプトのカイロには次のようなモスクがあります。

●イブン・トゥールーン・モスク

9世紀に完成。

カイロに現存する最古のモスク。

●アズハル・モスク

10世紀後半に完成。

併設されているアズハル大学ともども、イスラム学の中心的存在です。

●ムハンマド・アリー・モスク

19世紀にエジプトを支配した、ムハンマド・アリが建設したモスク。

華麗で壮大なそのすばらしさは、当時の彼の勢力の大きさを示しています。


スポンサードリンク