イスラーム暦について

スポンサードリンク

エジプトはイスラームの国なので、西暦とイスラーム暦(太陰暦)の二つが使用されています。

通常の生活は西暦によりますが、イスラームの習慣で、1週間は土曜日から始まり、休日は金曜日です。

イスラーム暦は、ヒジュラ暦とも呼ばれ、一年が354日で、1年に11日ほど太陽暦とずれていきます。

ヒジュラというのは、移住を意味します。

預言者ムハンマドがメッカからメディナへ移住した年を起元元年とするものです。

現在は、イスラームの行事のときにのみ利用されます。

ラマダーン

イスラームの行事のなかで最もよく知られているのは、ラマダーン(イスラーム暦の9月)の断食でしょう。

ラマダーンには、日の出から日没まで一切の飲食が断たれます。

といっても太陽が出ていないときにはもちろん食べてもいいわけで・・・昼間の断食の反動ともいえるほどめいっぱいのご馳走が並びます。

昼間、甘いものに飢えているので、ただでさえ強烈な甘さのエジプトのお菓子は、それに輪をかけてものすごい甘さとなります。

日没後の食事のあと、近所の人を訪問しあったり、街へ出たり、とナイトライフは大賑わいです。

夜中までにぎやかに過ごしたあと、日の出前に最後の食事「朝食」を食べて、ちょっと仮眠して仕事に行くのです。

ラマダーンの期間は、慢性的な寝不足で、また夕方は、食事めがけて突進する人たちでカイロの町など戦場のような混雑となります。

ラマダーンの時期は、国民の大部分を占めるイスラーム教徒が断食をすることから、生活時間帯が通常の時間帯とずれ、労働時間は短くなります。

レストランなども、営業時間が日没後から夜遅く・・・深夜3時までのこともあります・・・になることもあります。


スポンサードリンク