エジプト古代芸術について

スポンサードリンク

古代エジプト美術は、神々の崇拝や宇宙創造神話、死後の世界への信仰を特徴とします。

ファラオ(王)は神の代理人であり、エジプトの古代芸術はそのファラオの政治権力の保護を受けて発展したことから、政治的目的が色濃いものです。

ファラオの統治は、3000年間続き、古代エジプトの美術には、それぞれの時代の王権の強大さが反映されています。

建造物は、ピラミッドに代表されるように幾何学的形状をもちます。

絵画も定型化、抽象化された図柄が目立ち、これらはその後のエジプト美術の基盤となりました。

一方、古代エジプトの建築にも、エジプト人の死生観がよく反映されています。

死後の世界を信仰するエジプト人にとって、墓は永遠の家を意味するきわめて重要なものでした。

そのため大きくて頑丈な石造建築が用いられたのです。

そのほか、オベリスク(方尖柱)もエジプトの特徴的な建造物です。

これは太陽神ラーの信仰が強まってくるにしたがって建造されるようになりました。

日の出を象徴する役割をします。

神を祀る神殿も巨大で、前面にオベリスク、列柱がならぶ様式がとられています。

また、エジプトの遺跡を訪れているなかで目を引くのは、その壁画のすばらしさでしょう。

壁画は死者を来世は旅立たせる案内書として墓室に描かれました。

したがって壁画では、永遠にふさわしい人物像・・・つまり抽象化された人体が追求されました。

私たちが現在見慣れているような三次元的な描写ではなく、顔は横から、目と眉と両方の肩は正面から、そして胴と足はまた横からみたものが描かれているのが一般です。

抽象的な壁画と比べ、彫刻は写実的です。

これは彫刻が礼拝所に安置される目的でつくられたことに原因します。

死者の霊が宿りやすいように、という意識があるのです。


スポンサードリンク