エジプトの時間について

スポンサードリンク

エジプトを旅していると、どこからともなく、お経のような?肉声の響きが流れてきて、異国情緒に駆られます。

これは「アザーン」というイスラーム教における礼拝への呼びかけです。

キリスト教における鐘のような役割をしています。

ただ肉声で行われるところがよりいっそう趣深く感じられます。

「神は偉大なり」という「アッラーフ・アクバル」の4度の繰り返しから始まり、1日5回の礼拝時間が近づいていることをムスリム(イスラーム教徒)に知らせるために、モスクなどから呼びかけられます。

イスラーム教徒にとっては時計代わりの存在で、生活に根付いています。

エジプトには、3つの時間がある、と考えるといいかもしれません。

夏時間と冬時間、そしてラマダーン時間です。

エジプトではイスラームの習慣により、1週間は土曜日から始まり、休日は金曜日です。

現在、お店はたいてい日曜日を定休日としていますが、なかには金曜日ということもあります。

観光で訪れる人たちにとって、お目当てのお店がおやすみというのはなんとも悲しいものです。

また、夏の暑さが厳しいエジプトでは、夏、9:00〜13:00までと17:00〜20:00が営業時間となります。

昼間はお休みですから、要注意です。

さらに注意が必要なのは、ラマダーン時間です。

年に一回のイスラーム暦ラマダーン月(9月)には、国民の大半を占めるイスラーム教徒が断食に入ることから、レストランなどは夕方から深夜までの開店となるのがほとんどです。

なかには、ラマダーンの時期丸々1ヶ月間、休業というところさえあります。


スポンサードリンク