エジプトの水について

スポンサードリンク

エジプトの夏の暑さは半端じゃありません!

汗をかかないなあ・・・と思っていたら、なんのことない、汗は肌から出るやいなや蒸発してしまうからです。

ということで体感的には日本の夏よりも数段気持ちはいいのですが・・・身体へのダメージは相当なものがあります。

水分補給は、脱水症状を防ぐためにも欠かせません。

かといって、現地の水を飲むことはまずお勧めしません。

エジプトの飲料水は基本的にナイル川から供給されます。

当然、浄水場を経て水道へとくるはずなのですが、この水道管が赤錆びていたりして、大きなホテルといえども、バスタブに水をためていたらいつのまにか赤くどろどろになっていた、ということもあるほどです。

エジプトでは路上のあちこちに素焼きの壺が置かれ、水道水が入れられています。

この壺はジィールと呼ばれます。

素焼きなので絶えず、水が外に滲みだし、外気の熱で水蒸気となります。

これによって気化熱が奪われ、中の水を冷却するという仕組みです。

昔は、素焼きの壺をろ過して下にしたたる水を飲んだといわれますが、現在は、壺のなかの水をすくって飲みます。

現地の人たちは、備え付けのコップで飲んでいるようですが、観光客にはまずお勧めできません。

おそらく翌日にはトイレから出られなくなります。

暑いときには、チャイがいちばんです。

しかも、エジプト人のように熱いチャイを飲むことをお勧めします。

そして何よりも暑い時間にはふらふらと出歩かないことかもしれませんね。

夏の日中、カイロの街中を歩いているのは観光客ばかり!

エジプト人は自宅でお昼寝タイムです。


スポンサードリンク