下痢について

スポンサードリンク

エジプトを旅行していて思うことは、とにかく健康を保つにはそれなりの知識がいるということです。

気候や食べ物の違いなどから、普段はすこぶる健康な方でも、体調を崩すことは往々にしてあります。

エジプトは、日本と比べ、衛生状態はお世辞にもいいとはいえません。

現地の人が食べているから、飲んでいるから・・・と、生水や生野菜、生ジュースを口にすると、おそらく翌日はトイレから出られなくなります。

旅の疲労や夏にはあの強烈な暑さで、ただでさえ体力が奪われていることを計算して行動することが大切です。

ちょっとでも気分が優れないと感じたら、早めにホテルにもどり、休息しましょう。

夏、エアコンが効きすぎているのも体調にはよくありません。

特に下痢になったら、充分な水分補給を心がけてください。

水分をとると余計におなかがゆるくなってしまいそうですし、一歩ホテルを出たらトイレを探すのは至難の業ということもあり、水分を控えてしまいがちですが、脱水症状を起こし、生命に危険が及ぶこともあり得るのです。

また、「ナイルの水を飲んだ者は必ずナイルにもどってくる」という言い伝えがありますが・・・くれぐれもナイル川の水をお飲みにならないように!

現地の子どもたちはナイル川で泳いでいますが・・・いくら暑くても、いっしょに飛び込んだりしないでくださいね。

ナイル川にはビルハイツ住血吸虫という寄生虫がいるからです。

これが体内に入ると、血尿が出たり、重大な感染症を引き起こします。

素足で川べりを歩き回ることも避けたほうがいいでしょう。


スポンサードリンク