宗教上のタブーについて

スポンサードリンク

エジプトはイスラームの国です。

イスラームのモスクの装飾は、イスラーム教徒でなくても非常に興味深い、芸術性の高いものです。

しかしあくまで私たちは観光客であり、地元の人たちの生活を乱すことは避けなくてはなりません。

イスラームの寺院など宗教施設を訪れるときには、肌が露出した服装は避けましょう。

エジプトは非常に暑い国ですが、街中を歩くときも肌の露出は好ましくありません。

実際、現地の人を見ていても、直射日光が肌を直撃するような格好はしていません。

軽く薄いものを羽織っていたほうが・・・たとえば、現地の人が着ているようなガラベーヤは実に当地の気候を知り尽くしたすぐれものです!・・・涼しく感じられます。

また、モスクでは金曜日は礼拝が行われます。

たとえばカイロのブルーモスク「ガーマ・アズラク」では、13:00〜15:00は礼拝の時間なので、観光客は入場を控えたほうがいいでしょう。

イスラームでは原則として飲酒は禁止です。

エジプトは比較的規則が緩やかで、ステラというビールや、オマル・ハイヤームというワインなど、レストランではアルコール類を置いています。

それでも、特にラマダーンの断食のときにはアルコールは飲みませんし、禁止です。

そんなときには、観光客といえどもあまりおおっぴらにお酒をあおるような真似は避けるべきです。

アルコールに限らず、ラマダーンの期間は、日中、食べ物を持って街中をうろつくような真似はやめましょう。


スポンサードリンク