エジプトの祝日について

スポンサードリンク

イスラームの国、エジプトでは、祝日もイスラーム教の行事と強く結びついています。

●イードル・フィトル

ラマダーン(イスラーム暦の第9月で断食月)が終わると、イードル・フィトルと呼ばれるお祭りが行われます。

断食明けのお祭りで、3日間続きます。

普段離れている親戚に会いに行く、といった感じで、特別に何をするというわけではありません。

しかし、血縁を何よりも大切にするエジプト人にとっては大切な行事です。

日本でいうと、お盆やお正月などの帰省に値する感覚でしょう。

●イードル・アドハー

イスラーム暦の第12月は巡礼月です。

イードル・アドハーは、第12月の10日に、巡礼が無事終わったことを神に感謝して、羊やらくだを屠る儀式を行う祭りで、犠牲祭です。

巡礼に行ったものだけでなく、故郷にいる人も羊などの首を切り、みんなで食べます。

貧しい人に配ったりもする祭りです。

この間は長い休みとなり、日本でいうゴールデンウィークのようです。

エジプトはイスラーム教徒が90パーセントを占める国ですが、国民の7パーセントはコプト教の信者です。

コプト教の祭りも、イスラームの祭りと同様に「マリウド」と呼ばれ、エジプト各地にある修道院で行われます。

しかしイスラームの場合と異なり、コプト教の祭典は、聖人の死亡日を記念する祭りです。

宗教的な祭典とは別に、公共の祭典があります。

たとえば、イートル・カウミはそのひとつです。

かなり政治色の強いもので、各県ごとに住民が伝統の民謡や舞踊を披露します。


スポンサードリンク