バクシーシについて

スポンサードリンク

海外を旅行して、チップの扱いに戸惑った経験をお持ちの方も多いのではないかと思います。

ところがエジプトを旅行していると、さらにそれにバクシーシというものまで存在し、頭が痛くなってしまいます。

バクシーシというのは、もともとイスラームの「喜捨」、つまり経済的に余裕のある人が貧しい人にお金または物を与えるのは当然である、という考えから生まれています。

ところがこれが、「あなたは持っているのだから、もっていない私に与えるのが当たり前!」というかのように持たないものが持つものに、当然のようにお金や物をせびる形になってしまっているようです。

バクシーシをめぐっては確かに不快な思いをすることも多々あります!

エジプト人は、もらったバクシーシが少ないと判断すると、自分が馬鹿にされたと考え、怒ることもあります。

一方、あまりに気前よく支払ってしまうと、良いカモを捕まえた!

といわん馬鹿にしつこく・・・時には集団で! 迫ってきます。

日本にはお金で人間関係が左右されることを嫌悪するきらいがありますが、実際、お金が人間関係の潤滑油となり得ることは事実です。

イスラームでは神もこれを積極的に認めているのです。

違和感をもつことも多々ありますが、そこは民族性の違いです。

郷に入ったら郷に従え・・・小額の紙幣は用意しておき当地に規準に妥当な金額を支払うのが、礼儀である気がします。

では実際、どれほどの金額が妥当なのでしょう?

一般の食堂などでは、ウェーターに30〜50pt.くらい、ちょっと高級なレストランなら料金の1割程度をテーブルにさりげなく置いておくとスマートです。

また、トイレでもまず、無料ということはないので、50pt.を渡すのが相場です。


スポンサードリンク