古代エジプトの王について

スポンサードリンク

エジプト観光においては、エジプトの古代史の知識があるかにかで、旅の奥行きがずいぶんと違ってきてしまうように思います。

少なくとも以下の人物については多少でも知識を踏まえたうえで、遺跡観光をするとよいと思います。

●メネス王(B.C.3100〜3000頃)

エジプト史上初めてエジプトを統一し、首都メンフィスを建設されたといわれる伝説の王。

●クフ王(B.C.2550頃)

古代エジプトの古王国時代第4王朝の王。

エジプト観光の目玉のひとつ、世界最大の墓とされる、ギザの第1ピラミッドを建設したことで知られます。

●ツタンカーメン王(トゥトアンクアムン)(在位B.C.1361〜1352)

古代エジプト新王国時代第18王朝の王。

古代エジプトで最も有名な王です。

20世紀に発掘された彼の墓から出土した秘宝は世界中をあっと言わせました。

しかし、実際、歴史的には無名の、青年王(9歳に即位し、18歳で死去)であったために盗掘を逃れたのです。

●ラメセス2世(在位B.C.1304〜1237)

古代エジプト新王国時代第19王朝の王。

モーセが出エネルギーを行ったときの王です。

かなり自己顕示欲の強い王だったようで、エジプトのあちこちの神殿に自分の名前を刻ませていたようです。

権力も壮大で、正妻4人、側室200人以上、王子や王女も200人以上いたようです。

強国ヒッタイトと戦い、世界最古の和平条約を結んだ王です。

●アレクサンドロス大王(在位B.C.332〜323)

ギリシアのマケドニアの王。

長期にわたる遠征によってユーラシア大陸からアフリカ大陸にまたがる大帝国を築き、エジプトも征服して大都市アレキサンドリアを建設しました。

●クレオパトラ7世(在位B.C.51〜30)

プトレマイオス朝最後の女王。

絶世の美女といわれていますが、その真否はともかく、9ヶ国語を操る語学の天才で、会話の巧みさから人を魅了する女性だったといわれています。


スポンサードリンク