ロバ・らくだ・馬車について

スポンサードリンク

時間と料金といった実用的な面はさておき、「体験」という面で是非、利用してもらいたい、エジプトならではの交通機関に、ロバとらくだがあります。

ギザのピラミッド周辺では、らくだに乗って5分ほどぐる〜と一周して写真を撮ってくれる、というお馴染みの客引きをしています。

だいたい2ドルくらいです。

その他、サッカーラやルクソール西岸でも、らくだ、またはロバに乗ることができます。

一人でも、またふたりで1頭に乗れることもあります。

いずれにしても、相場をよく知っておかないと、とんでもない値段をふっかけられることがあります。

値段交渉は必ず乗る前にすることが大切です。

バクシーシも当然のようにかなり要求されます。

らくだに乗る時には、座っているらくだにまたがって乗るのですが、らくだが歩き出すときにかなりガクンと揺れるので要注意です。

また、降りるときもどうようにかなりの揺れです。

綱を引いてくれるおじさん?は優しそうな人を選びたいものです。

ろばとらくだによる移動に関しては、あくまで体験を重視!

速さでいえば、はっきりいって歩いたほうが早いでしょう。

お尻がすれて赤くなったり、筋肉痛になることも・・・蚤でかゆくなることも・・・すべて体験です!

また、ルクソール東岸には昔ながらの馬車が健在です。

特にエスナやエドフなどであ、フェリー乗り場から神殿までの貴重な足となっていますし、思い出づくりにも一役買ってくれるでしょう。


スポンサードリンク