パピルスについて

スポンサードリンク

エジプトといえば、パピルスですよね。

カイロのエジプト考古学博物館には、古代エジプトのパピルスが飾られています。

エジプト土産としても、いちばんの人気です。

パピルスには、古代エジプトの図柄が描かれていることが多く、物語性が高いことから見ていて奥行きを感じます。

ピラミッド周辺には、「センエン」と言って、束になったパピルスを売っている行商人・・・時には小さな子どもたち・・・をよく見かけます。

でも、安易に買わないこと!

こうして売られているパピルスは偽物のことが多いのです。

描かれている図柄も下手だったり、雑だったりします。

よ〜く見れば、本物と偽物の違いが歴然なのですが・・・観光客には、なかなかそうにもいきませんよね。

できれば、博物館などでよく目を肥やしてから、信頼のおけるお店で購入したいものです。

ちなみに、本物はパピルスの茎を縦と横に並べて押し固めて作ります。

紙とは思えないほど頑丈です。

どの方向にひっぱってもびくともしないのです。

柔軟性にも優れ、少々曲げでも破れたり割れたりしません。

これが偽物だと、すぐにパキンと折れてしまいます。

偽物は、薄く削った木を張り合わせただけだからです。

パピルスを購入したら、折れたりしないよう、丁度賞状を入れるような筒に入れてもらうといいでしょう。

意外にかさばってしまいますが、良いお土産になることは間違いありません。

帰国したら、是非、額縁に入れて飾ってくださいね。

すてきなインテリアになりますよ!


スポンサードリンク