断食について

スポンサードリンク

エジプトでは、第9月のラマダーン月には、毎日、太陽が昇ってから沈むまでの間、いっさいの飲食は禁止です。

これがイスラーム教徒との義務のひとつ「断食「サウム」です。

部外者が考える以上に厳しく、徹底したものです。

飲食やタバコを吸うことはもちろん、唾を飲み込むことも禁止なのです!

病人や妊婦、および旅人は免除されます。

ただ、日中は食堂が休業となったりして、旅行者といえどもエジプトにいる限り、ラマダーンの影響をまったく受けないというわけにはいきません。

ともすれば思わぬとばっちりを受けることもあります!

たとえば?おなかがすくと人は誰でもいらいらするものです。

これは本能ですよね?宗教的義務とはいえ、断食はつらいもの!自分たちが食べられないのに、観光客が平然と食べ歩きをしているのは、いらぬ喧嘩を招くもとです。

そうでなくても・・・断食中は、地元の人はおなかがすいていらいらしていますからね?

さらに、日没を知らせる大砲などの合図と共に、食堂は人であふれます!この時期のカイロの帰宅ラッシュはまさに地獄です。

誰もが仕事を早々に切り上げ、食べ物が待つ自宅へ直行するからです。

日没後の食事は「イフタール」と呼ばれます。

食堂によっては、この時期だけの特別メニューを出すところもあります。

また、イフタールを平らげたあとの街には、遊園地や出店が出るなど、お祭り騒ぎです。

ラマダーン限定のとびっきり甘いお菓子も出て、風物誌ともなっていますので、是非、この時期にエジプトを訪れたなら、試してみてください。

ただし、お酒は厳禁です。

夜遅くまで楽しく飲み食いし、深夜に床に就きます。

そして夜が明ける前に朝食です。

これを食べ損なったら、それこそ一日空腹に泣きたくなってしまいます。

そうして夜明けを知らせる太鼓の音と共に、またラマダーンの一日が始まるのです。


スポンサードリンク