イスラームの5つの柱

スポンサードリンク

イスラームの信仰は5つの柱に支えられています。

「アル・アルカーン・アル・ハムサ(5つの柱)」です。

1.シャハーダ

信仰告白です。

日本語にすると「アッラーのほかに神はなく、ムハンドはアッラーの使途である」となります。

エジプトでは礼拝のときだけでなく、日常的によく口にされる決まり文句です。

ムハンマドというのは、イスラーム教の開祖です。

2.礼拝

エジプトで信仰されているイスラーム教はスンニー派です。

スンニー派では1日5回の礼拝が義務づけられています。

3.ザカート(喜捨)

エジプトでは、ザカートは自発的なものではなく「義務」として制度化されています。

チップとは違うのです。

自発的な喜捨は「サダカ」と呼ばれ、「バクシーシ」と呼ばれることが多いものです。

義務である「ザカート」は、貧しい巡礼者や借金を返済できない人のために用いられます。

エジプトを旅していると、「バクシーシ、バクシーシ」と人びとが寄ってきて、困ってしまうことがあります。

弱い人は強い人から施されるのは「当然である」という意識に基づいた習慣です・・・観光者には理解できなくても・・・これはその地に根付いたものなのです。

4.断食

太陰暦の第9月は「ラマダーン」と呼ばれます。

第9月1日からイスラーム教ではラマダーン「断食月」となります。

そして第10月の1日からが「イード・アル・フェトル」(断食月明けの祭り)となります。

5.巡礼

イスラームの5つの柱の最後は、巡礼です。

第12月の巡礼月の8日〜10日まで、定められた方法にしたがってメッカを訪れるのです。

もっとも、これは余裕のある人だけで、彼らは帰国すると「ハッジ」と呼ばれて尊敬されます。

そしてこのあと、「犠牲祭」が始まるのです。

羊料理を囲み、豊かな人は貧しい人たちにおすそわけをするのです。


スポンサードリンク